水牢

を掴み取れ。

物語



潮風が頬をなでる。

陸からどれほど離れたのか、それを知る由もない。
見渡す限り続いている、海。
時折聞こえる汽笛が、今船上に居ることを思い出させる。



私たち、糸杉高校の生徒たちは修学旅行で
客船に乗っていた。



なんでもこの高校は昔から、目的地への移動手段と宿泊は
客船を貸しきってするらしい。

どこかへ抜け出そうとしても、ここは海の上。
行き場のない閉塞感にうんざりしていた。



たった3日間だ。
それでこの退屈な時間から抜け出せる。



そう自分に言い聞かせながら、遠くを眺めた。

これから
最悪の3日間が始まるとも知らずに。

2015/12/26 水牢プレサイトオープン

Please reload